とどろけ!サブカル女子

アラサーサブカル女の雑記ブログ

猫とホラーとギャグの融合!?『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』がシュールで面白すぎた

スポンサーリンク

f:id:ok723:20180222195824p:plain
呪いの猫が〜〜!呪いがやってくるぅうう〜〜〜!


ども、猫派のたっつん(@Tatsu_2015)です。



今は空前の猫マンガブーム。

・キューライスさんの『ネコノヒー
・鴻池 剛さんの『猫のぽんた ニャアアアン!

など、くすっと笑えて癒される猫マンガがたくさん出版されてますよね。



そんな数ある猫マンガの中で、私がおすすめしたいのが

伊藤潤二の猫日記 よん&むー

です。


伊藤潤二さんは『富江』や『うずまき』など、これまで数多くの名作ホラー漫画を描かれている漫画家さんです。


しかし、このよん&むーは、伊藤さんが猫と出会い、日々の暮らしをホラータッチでコミカルに描いたコミックエッセイです。



なんてことない、猫と過ごす普通の1日を描いただけなのに、

めちゃくちゃ面白いwww

伊藤潤二さん、天才すぎます(笑)


では、さっそく紹介していきますね♪

漫画『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』感想

呪い顔の猫、登場…!?

物語は、伊藤さんの家に猫がやってくるところから始まります。

f:id:ok723:20160708182229j:plain
犬派だった主人公J(伊藤潤二)と猫派のA子(伊藤潤二の奥さん)

ある日、A子が「猫を飼いたい」と言い始めた事から、猫との不気味(?)な生活が始まります。



f:id:ok723:20160708182302j:plain
猫との初共同生活にビビりまくる先生。笑

我が家に呪い顔の猫がやってくるーーー!


この作品が面白いのは、猫の愛らしさをあえてホラータッチで表現するというなんとも不思議なジャンルの猫マンガになっているからです。


恐怖と萌えとギャグの三つ巴!

猫マンガは、カワイイ目線で描かれている癒やし要素たっぷりなマンガが多い中、よん&むーは猫の描写もホラーチック。


例えば、猫とじゃれあうシーンも伊藤潤二先生にかかると…

f:id:ok723:20160708182251j:plain
f:id:ok723:20160708182253j:plain
f:id:ok723:20160708182255j:plain
こんなイラストに。

めっちゃシュール…!(笑)



不気味なタッチだけど、描かれている内容はただの猫との癒される日常で、そのギャップがなんとも面白いんですよね(笑)


まさに「恐怖と笑いは紙一重」を体現した作品。


他にも、

f:id:ok723:20160708182257j:plain

猫がゲージから出てくるだけのシーンなのに

「化け猫が登場するのか!?」

ってぐらいの不穏な空気を漂わせているし



f:id:ok723:20160708182313j:plain
猫じゃらしで遊ぶという、ほっこりシーンもこの筆圧。
A子が…不気味すぎる…(笑)



もちろん、不気味なだけじゃなくて、よんとむーのかわいさもきっちり描かれています。


f:id:ok723:20160708182323j:plain
あ〜〜〜、むーちゃん、かわいいかよ〜〜〜!!!


この一見ホラーに見せかけて、内容は猫かわいいほっこり話&ギャグテイストなストーリー展開で、ホラー好き&猫好き&お笑い好きの私にはドツボなマンガでした!



ホラー好き&猫好きな人は、絶対ハマるのでぜひぜひ読んでみてくださいね!


ちなみに、よんとむーのカラー写真が掲載されているんですが、よんの変顔がめちゃかわなので、ぜひ本書で確認してみて下さいね♪